モンスターペアレンツの攻撃対象となる教師や教授を守るポイント

現代はクレーム社会です。あらゆる場所にクレームが生じ、さらにクレームを付けた側の声が大きくなってしまう傾向があります。そんなクレーム社会の波は学校だけでなく、教師や教授にも押し寄せてきます。こうしたクレームは学校の評判を落とすだけでなく、教師や教授の人格攻撃にも転じてゆきます。学校にとっても教師にとってもメリットはゼロです。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

大学にもクレームをつけるモンスターペアレント

モンスターペアレンツという言葉をご存知でしょうか。ペアレンツとは英語で子どもがいる親を指します。子どもの教育に対して、理不尽なクレームをつけてくる親をこう呼ぶのです。モンスターペアレンツが現れる場所は、幼稚園や保育園、小中学校ばかりではありません。最近では、高校や大学であっても、こうした親たちが登場しています。

もちろん教育を向上させるためにクレームをつけることは悪いことではありません。ですが、モンスターペアレンツのつけるクレームはきわめて自己中心的でセルフィッシュ(わがまま)なものです。学校が完全週休2日制になったならば「仕事が忙しいのに、子どもを家に置いておけないから学校で預かって」といったクレームをつけて来たなんて話があります。あるいは「子どもの性格が悪いのは教師のせいだ」といったクレームも。これはもちろん、親のしつけの問題なのですが、何もかも学校のせい、教師のせいにしてくるのがモンスターペアレンツなのです。

巧妙なモンスターペアレンツ

モンスターペアレンツたちは、クレームの付け方を心得ています。現場の教師に言って聞かないならば、校長に言う。学校が応じないならばさらに上の、教育委員会、あるいはマスコミにと、あることないことを撒き散らします。さらに、気軽に利用できるインターネットでも、不平不満を述べるようになります。

モンスターペアレントの怖いところは、自分たちに一切非がないと思っているところ、さらに教育は、飲食店やホテルのようなサービス産業と同じく、自分たちはサービスを受ける権利があって当然と思っているところです。特に私立の学校の場合は、学費を払っている前提がありますから、モンスターペアレンツの言葉はより辛らつになってゆきます。

たとえば、教師の住所や氏名、電話番号も攻撃対象です。インターネット上に個人情報が特定できるような文言を書かれてしまうかもしれません。

社会構造の変化がモンスターペアレンツを生み出す?

なぜこうしたモンスターペアレンツがはびこるのか。従来ならば、地域社会や、あるいは親の親にあたる、おじいさん、おばあさんなど年長者の意見を聞き入れることで、こうした不平不満が解決されてきた事実があることも確かです。さらには、友人知人に相談する手もあったでしょう。しかし、現在ではそれぞれの家庭が孤立している場合も多く、不満のはけ口がインターネットにしかないといったところも多くあります。そうした社会環境の変化がモンスターペアレンツを生み出しているともいえるでしょう。

しかし、モンスターペアレンツに同情している余地はありません。私立学校など評判が命の場所では、インターネットに悪評を書き立てられると、それが根拠のない噂や、モンスターペアレントの思い込み、勘違いであっても真実として受け止められがちです。特に情報はポジティブなものより、ネガティブなものが伝わりがちです。

当社は、教師や教授へのネガティブな誹謗中傷投稿の非表示対策などに豊富な経験を有しておりますので、一度ご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>