飲食店に悪評が寄せられた場合のトラブルは?

飲食店に対する悪評、誹謗中傷書き込みは、店舗の売上を著しく落とすだけでなく、最悪の場合は閉店に追い込まれてしまいます。そのため、書き込みには毅然とした対応を取る必要があります。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

消費者は評判を見ている?

飲食店を探す場合、ほとんどの人間がぐるナビや食べログなど、インターネット上の情報を参照にします。住所や電話番号、営業時間といった基本的な情報はもちろん、お店の評判もチェックしています。

インターネット上には食べ物がおいしいかどうかはもちろん、店員の接客態度や、お店の雰囲気なども厳しくチェックされ、書き込みがなされています。なかには参考にすべき意見もありますが、言いがかりのような意見も見られます。

飲食店を取り巻く現状

最近流行りの言葉として「コスパ」という考え方もあります。これはコストパフォーマンスの略です。値段に見合った味、量、サービスを比べる意見が多くあります。ユーザーが求めるのは、当然、おいしくて安くて量が多い店でしょうが、価格競争やコスパ競争には限界があります。それでも、ユーザーはお店に対して無謀とも言える要求を平気でします。

さらに、ユーザーの中には「お金を払っている方が偉い」といった考え方もあります。例え安いお店であっても「サービスは無限に受けられて当然である」という考えです。実際に、そうしたお店ほどクレームが生じやすいとも言われています。その中には、単なるストレス発散としてクレームをつけている場合も多くあります。

お店でクレームをつけるならまだしも、その場できちんとした対応をしてくれないといった場合には、インターネットに悪評が書き込まれます。中には、その場のやりとりを会話風に再現した手の込んだ書き込みもあります。これはユーザーの一方的な主張に過ぎないのですが、初めて見た人は、この悪評が本当のことと思ってしまうでしょう。

採用活動にも与える悪影響

飲食店に寄せられる風評被害は、時として採用活動にも悪影響を与えます。食事に対する評価だけでなく、転職会議のような口コミサイトを見ると、ブラック企業という評判も見受けられるものです。したがって、飲食店に寄せられた風評被害や誹謗中傷は速やかに解消しなければなりません。

飲食店の悪評、誹謗中傷書き込みに対しては毅然と立ち向かうべきです。そんな意見を無視して、自分たちは誠実に仕事をしていれば大丈夫といった甘い世界ではありません。ネットに悪評があれば、どんなにいい味やサービスを提供してもお客さんは来ません。飲食店の悪評、誹謗中傷書き込み対策に関しては、豊富なノウハウを持った当社にご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>