教えて!gooの誹謗中傷や風評被害を削除するために必要なものとは?

教えて!gooは人気の高いQ&Aサイトですが、2015年に体制が大きく変わったこともあり、いろいろな問題が発生しています。たとえば、誹謗中傷が書き込まれた場合の対応一つとっても他のサイトにはない難しさがあるのですが、詳しく解説しましょう。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

教えて!goo独自の経緯

教えて!gooを経営しているのは、NTT子会社のNTTレゾナント株式会社です。かつては提携先のOKWAVEのシステムをレンタルしていました。内容もOKWAVEと全く同じものだったのは、そういった理由によるものだったのです。

しかし、教えて!gooとOKWAVEの提携は2015年1月28日に解消され、以降は自社運用による完全独自サイトになりました。そうとはいっても、提携解消前の東京も現在でも消去されておらず、OKWAVEと教えて!gooのどちらに削除依頼を出せば良いのか迷う人も少なくありません。このような独自の経緯があるため、教えて!gooでの誹謗中傷対策は厄介になっているともいえます。

教えて!gooのあなどれない影響力

Q&AサイトというとYahoo!知恵袋を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、教えて!gooもあなどることはできない存在です。約700ものカテゴリがあり、毎日さかんな意見交換が行われているのは、まぎれもない事実なのです。

しかも、教えて!gooの登録も利用も非常に簡単です。もちろん無料ですし、ハンドルネームだけで活動することもできます。匿名サイトでは個人や会社への誹謗中傷、プライバシー侵害、名誉毀損、風評被害などが跋扈しがちですが、教えて!gooも例にもれないのは困ったところです。

Q&Aサイトでなぜ問題が起きるのか

教えて!gooなどのQ&Aサイトには、役立つ情報もたくさん投稿されています。しかし、一方で逆恨み、不平不満、いたずら、いやがらせ、思い込みなども気軽に書き込まれやすい傾向があります。

Q&Aサイトといえば、聞こえは悪くはありません。匿名掲示板を利用する後ろめたさのようなものを感じることもなく、悪口を投稿できるというわけです。なかにはライバル会社の悪評を流すようなケースもあるので注意しなければいけません。

誹謗中傷はすぐに削除を!

教えて!gooに誹謗中傷を書き込まれて、そのままにしていて良いことは一つもありません。検索エンジンの上位に表示されることもあり、そうなった場合の被害は甚大です。できるだけ早く削除するようにして下さい。

しかし、個人や一企業で削除依頼を出しても「表現の自由」を盾に取り合ってもらえないことがほとんどです。もし、迅速な解決を希望するならば、誹謗中傷対策を専門とする当社へご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>