みん就に書き込まれたデマや悪評を削除するにはどうすれば良いのか?

「みん就」の略称で親しまれている「みんなの就職活動日記」は、楽天が運営している大学生のための就職情報サイトです。約2900社もの採用情報、面接状況の口コミが掲載されていますが、企業イメージをダウンさせかねない書き込みもあります。就活生の多くが利用しているサイトなので、その影響力は決してバカにはできません。すみやかに誹謗中傷を削除する方法を紹介しましょう。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

みん就で会社批判記事が生まれる理由

就活中は誰でも一度は閲覧するともいわれている、みん就。広告を出してPRしている企業も少なくありません。しかし、学生の口コミの中にはどうしても批判的なものもあります。

学生気分から一変して、リクルートスーツに身を包んで奔走する就職活動というのは多かれ少なかれストレスがかかります。「人生がかかっている」という局面を、まだ経験の浅い若者が乗り越えなければいけないわけですから、どうしても神経過敏になりがちです。

情緒不安定な状態で、企業から受けた印象をそのまま書く学生も多く、感情的にネガティブな書き込みをする学生も少なくありません。さらには、面接で落とされたことを逆恨みして、誹謗中傷を投稿する学生もいるので要注意です。

みん就の誹謗中傷の特徴

インターネット上での誹謗中傷には様々なタイプがあります。なかでもみん就では、特定企業に関する具体的な内容が多いことが特徴といえるでしょう。根も葉もないことでも、妙な現実味を帯びるのは困ったものです。

面接官の面接の進め方に対する批判

みん就では「こんなひどいことを聞かれた」と、面接官を批判する内容もしばしば見かけます。たとえ事実無根でも、実際に面接を受けた学生の感想となると、そのまま信じてしまう人もいるので要注意です。

面接官への誹謗中傷

特に恨みを買いやすいのが面接官です。「自分を不採用にした憎い相手」をとことん調べぬき、個人情報を晒す学生も稀にいます。そのままにしておくわけにはいきません。

応募をやめるようにそそのかす

特定の企業にエントリーしようとしている学生に対しての「その企業はおすすめできない」というようなコメントも見逃せません。優秀な人材を確保できるかどうかは企業にとって死活問題です。

企業が誹謗中傷によって受けるダメージ

就活で必死なのは学生だけではありません。企業側にとっても優秀な人材は命綱と考えられます。誹謗中傷は以下のようなダメージをもたらすものなので、放置しておかないようにしましょう。

応募者が減る

優秀な人材というのは、一定数以上の学生が集まらなくては出会えないものです。応募者そのものが減ってしまっては、優れた学生を採用するチャンスも少なくなってしまいます。

内定者が辞退する

企業がせっかく内定を出しても、学生に辞退されてしまうこともあります。みん就によって企業イメージが暴落しては、学生に敬遠されかねません。

大学の就職課が推薦しなくなる

みん就は大学関係者も閲覧しています。評判の悪い企業は、大学の就職課に推薦してもらえなくなる可能性もあるので、注意しなければいけません。

みん就の誹謗中傷にどう対応するか

最近では多くの企業の人事部も、みん就の自社スレッドを定点観測しているといわれています。誹謗中傷に対して楽天に削除依頼を出しても、なかなか削除が実行されずに悩んでいる担当者も多いです。当社はインターネット上の風評被害対策や国内唯一の技術である特殊逆SEO対策を行う専門業者です。ぜひお問い合わせください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>