報道サイトやニュースサイトの記事を削除したい!

逮捕歴や前科が一度ニュースサイトに掲載されてしまった場合、記事を読んだ人が自分のブログやサイトに書いたりSNSへ投稿したりと、どんどんインターネット上に拡散してしまいます。もし、軽犯罪でも削除されるものではありません。掲載された人や企業が不利益をこうむらないようにする対策方法をご紹介します。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

ニュースサイトへの実名報道の問題点

逮捕歴や犯罪歴があったり、前科を起こしたりした人は、ニュースサイトに氏名や年齢、職場や住所などを晒し上げられてしまうことが少なくありません。社会問題と考える人やゴシップが好きな人の間で情報が拡散されてしまう可能性も高いです。

新聞社発信のニュース記事は3か月で削除されますが、ニュースサイトやTwitter・Facebook上での拡散、ブログや魚拓での引用、その他各種サイトには、一度記事が掲載されると削除要請をしない限りは残ってしまいます。放置し続ける限り、この状況が改善されることはありません。

再出発への悪影響

過去の逮捕歴や犯罪歴は、企業による人材採用時や不動産の賃貸契約時などに大きな影響を及ぼします。誹謗中傷や風評被害を受けた人は、人生を再出発するためのリスクが大きいです。もし一度でも実名報道されると、就職や転職のときには非常に不利になってしまいます。

ニュース記事のことがきっかけで、会社に前科が知られて解雇や左遷の対象になったり、異性との交際や結婚が難しくなったり、さまざまなトラブルが起きてしまうかもしれません。また、犯罪者が身内にいることで、家族に肩身の狭い思いをさせてしまうのです。

実名報道が出てしまった場合、名前検索に引っかかってしまうことも珍しくありません。前科を知られてしまうことで生活しづらくなってしまうため、一刻も早くニュース記事の削除をすべきです。

自主規制の判断が委ねられる報道機関

刑事事件で逮捕されたからと言って、必ずしも起訴されるとは限りません。仮に起訴されても有罪が確定しない限りは推定無罪です。さらに、誤認逮捕だったという可能性も考えられます。しかし、現実には逮捕されるとすぐに実名報道されてしまうのです。

実名報道に対し、ニュースサイトや報道サイトは報道の自由を貫こうとします。名誉毀損や人権侵害との衝突が難しいポイントですが、基本的には報道機関側で自主規制を掛けるしかありません。

なお、少年法では未成年への実名報道は禁止されているのが昨今の状況です。ただし、20歳を超えた場合、実名報道は報道機関の考え方に委ねられています。また、未成年の場合でさえ、表現の自由との兼ね合いでバランスを取ることがあるようです。

法的な根拠に基づいた前科や逮捕情報の削除依頼

インターネット上に前科情報や犯罪歴が残っている限り、自分や家族には何らかの悪影響が及ぶと考えられます。裁判所の判断は、前科や逮捕歴を公表しないのは法的利益によって確保すべきだとしています。そのため、削除要請を求める法的根拠は法的利益に基づいた削除請求があるからです。

ニュースサイトでは報道の自由や表現の自由が認められています。しかし、個人の経歴を守る法的利益やプライバシー権の保障から考えると、その権利が守られないわけではありません。もし、これらを侵害された場合は損害賠償請求や差し止め請求が可能です。

また、「忘れられる権利」という考え方も存在します。これは「知る権利」と対立する概念ですが、自分の犯罪歴や前科を忘れてもらうための権利です。日本ではまだまだ認められていませんが、近い将来にはこのような考え方が受け入れられるかもしれません。

生活を守るためにも専門家に相談しよう

逮捕歴や前科情報がインターネットに残っている限り、その人は安心した生活を過ごすことができません。しかし、過ちを犯してしまった人にも権利は存在します。ニュースサイトや報道サイトに掲載されてしまった報道から身を守るため、専門家に相談するのがおすすめです。自分の生活を脅かされたくないという人は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。最善の対策方法をご提案させていただきます。

2ちゃんねるの風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>