10代を中心に普及するInstagramの削除申請のポイントは?

いまやTwitterとFacebookと並ぶ三大SNSのひとつであるInstagram(インスタグラム)にも、誹謗中傷や風評被害にあたる悪意のある投稿が増えて問題となっています。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

Instagramとは

2010年にサービスを開始して以来、ユーザー数が伸びるいっぽうの人気アプリ。写真と動画の投稿に特化したソーシャルネットワークシステム(SNS)で、スマートフォンで撮影した写真や動画を手軽に共有することができます。運営会社であるInstagram社は、2012年にFacebookの子会社となりました。

人気の理由のひとつは、撮影した画像を編集機能であるフィルターを使っておしゃれに仕上げることができることでしょう。画像がメインですから、簡単なコメントをつけてアップする手軽さも受けています。芸能人や著名人が数多く利用しており、今後もますますユーザー数は伸びていくと考えられているSNSです。1日に7,000枚の画像がアップされ、300億枚以上の画像がシェアされることから広告効果も期待されています。

フォローした人の画像はトップページに自動的に流れ、検索画面にはおすすめの画像やユーザーが表示される仕組みになっています。友人や知人だけでなく、見ず知らずの人の投稿も楽しめるというわけです。

Instagramでの誹謗中傷や風評被害とは

画像の投稿アプリなので誹謗中傷などはないように思われるかもしれません。しかし、ユーザー数の増加にともない、悪質な投稿が増えてきているのが現実です。

たとえば、ターゲットとされた人の家や車の写真などと一緒にその人の悪口や名誉毀損にあたるようなことを書き込まれるケースがありました。たとえ実名を書いていなくても、知っている人が見ればだれのことだか簡単に想像がつく画像を意図的にアップするというわけです。

また、なりすましによる被害も問題になっています。個人だけでなく、企業や関係者のアカウントになりすまし、炎上するような書き込みをするというやり方もあります。被害を受けるのは、有名企業だけではありません。中小企業や店舗など、どこがターゲットになるかはわからないので注意が必要です。

偽アカウントだからといって甘く考えてはいけません。実際にそれを目にした人には本物か偽物かの区別はつかないので、適当なことを書かれた際の風評被害は致命的な結果になる可能性があるのです。

Instagramへの削除依頼

このような被害にあったときのために、Instagramには通報窓口が設けてあります。ただし、通報したら確実に削除してもらえるとは限りません。運営側の判断にゆだねるしかないので、対応してもらえない可能性もあるのです。

Instagramで被害にあっていることが確認できた時点で早急に対策をしなければ情報はどんどん拡散されてしまいます。Instagramでの誹謗中傷や風評被害にお困りの方は、このようなケースを専門に取り扱っている当社へご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>