ホテルの評判に対する風評被害対策のポイントは?

サービス産業であるホテルや旅館は、評判が第一です。かつては旅行代理店を通して予約されていたホテル・旅館は、近年は利用者自身がインターネットで検索して予約することが多くなっています。その場合、インターネット上の評判は生命線だといえるでしょう。評判が悪ければ予約が入らず、最悪の場合は廃業を余儀なくされてしまいます。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

インターネット時代の主流は予約サイト

現在、インターネット上には、ホテルや旅館の予約サイトが多いです。予約サイトでは、駅から近いか、喫煙か禁煙か、部屋の広さはどのくらいか、食事付きかどうか、温泉はあるか、といった細かい項目で検索ができます。さらに、もっとも重視されるのは値段でしょう。

さらに、それぞれのホテルの項目には宿泊者のレビューが書き込まれています。そこには厳しい意見が書き込まれています。もちろん、実際に下見をして宿泊しているわけではありませんから、「駅から思ったより遠かった」「写真と部屋の様子が違う」といった細かいクレームは生じます。ですが、中には度を過ぎたクレーム、誹謗中傷が書き込まれていることもあります。

予約サイト以外にもある風評被害

予約サイトのレビューは、きちっと監視が行き届いていますので、度を過ぎた誹謗中傷は運営元が削除しています。しかし、2ちゃんねるをはじめとする匿名掲示板、トリップアドバイザーやフォートラベルでは誹謗中傷の書き込みは野ざらしになります。

こうした悪評書き込みは、ホテルの名前で検索をかけるとGoogleやYahoo!などの検索エンジンの上位に上がってきます。そうなるとどうしても、利用者の目に入ってしまいます。よほどの僻地の温泉宿でもない限り、特定の都市、観光地には複数のホテルがあり、値段も大きく変わりません。そうなると悪評のあるホテルより、ないホテルが選ばれてしまうのは当然でしょう。

ホテル、旅館に関する悪評、誹謗中傷の書き込みは、放っておくだけで問題だといえます。すぐに対策をしないと、短期的にお客様を失うだけでなく、長期的な視点で見た場合、ホテル、旅館の信用問題にかかわります。当社では誹謗中傷書き込みに対する対応に関して、豊富なノウハウがありますので、お困りの方は、一度ご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>