病院や医師個人に寄せられる誹謗中傷の原因と対策

現代はクレーマー社会だといえます。それは病院や医師であっても例外ではありません。中には病院に対する悪評や誹謗中傷ばかりでなく、医師個人の実名が書き込まれるケースもあります。病院の評判を落とすだけでなく、医師個人への人権も侵害されてしまうのです。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

なぜ病院が狙われるのか?

なぜ、病院や医師にクレームが集中するのでしょうか。そこには医療の不透明さがあるでしょう。頭が痛い、お腹が痛いといった症状は誰しもに起こりえます。それが風邪などの一時的なものなのか、それとも重大な病気が隠れているのか、その判断は専門家である医者にしかできません。

しかし、今はほとんどの症状をインターネットで検索できます。どんな治療をするのか、どんな薬を使うのかといったことはもちろん、医療費の目安などもわかります。患者が生半可に知識を持っているため、病院や医者への不信感をいだきやすいのです。

例えば「ネットで調べたものと違う薬を処方された」「無駄な検査をさせられた」
といった不満が生じやすくなります。さらに「待ち時間がない」「(ベッドが満員で)入院させてくれない」といった現代の医療事情を反映した不満も、病院や医師へ向きやすくなります。

あとで不満が続出

病院や医師にその場でクレームをつける人間はほとんどいません。心の中に秘めておくか、あるいは通院後、退院後にクレームを出します。もちろんそこには「薬を飲んだのに治らない」「治療をしたのに効果がない」といった理不尽な怒りも、病院や医師に向けられがちです。

そうしたクレームは、どうしようもない場合が多いので、病院は事務的な対応をしがちです。そうなるとクレームをつけた側は「患者のことを考えていない」と、余計にネガティブな感情がヒートアップしてしまいます。やがて、ぶつけどころのない不満がインターネットの書き込みとして現れるのです。

コミュニケーション不足が原因

こうした書き込みは、書き込んだ人間の思い込みが強いパターンが多いです。「高い治療費を払ったのに身内が死んでしまった」といった、理不尽な怒りならばなおさらでしょう。

さらに「医療ミスではないか?」「わざと苦しい痛い治療をしているのではないか」といった患者が抱きがちな不満は医者との間のコミュニケーション不足から起こることがほとんどです。事前にきっちりと説明しても専門用語が多くわからないため、患者がきちっと聞いていない場合もあります。患者の怒りや不満が最終的に向かう場所はどうしても医者や病院になってしまうのです。

風評被害の対応方法

病院や医師への悪評の書き込みは、放っておくと大変なことになります。大病院の場合はともかく、個人経営の病院の場合は、悪評があればそれが無根拠なものであっても、患者の目に入れば良い感情は抱かれないでしょう。

個人経営の病院は、内科、外科、耳鼻咽喉科、眼科など、それぞれに専門を持っています。だいたいどの街であっても、専門医は複数いますから、A病院の評判が悪ければ、B病院にという風に簡単に患者が流れてしまいます。特に日本は健康保険制度がしっかりとしていますので、一般的な治療の場合は、どこの病院もかかる治療費は変わりません。そのため、すぐに病院を代えられてしまうのです。

さらに医師や病院に対して一度抱いた不信感はなかなか拭えません。それがネットに書き込まれると、輪のように、悪評が広がっていってしまうのです。こうした書き込みはすぐに非表示化などの対応をすべきです。当社は、悪評、誹謗中傷書込みに対して、きちっとしたノウハウを保持しておりますので、一度ご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>