美容院や美容室に寄せられる風評被害の問題点

美容院は、客の評判が売上に大きく直結する職種のひとつです。誹謗中傷書き込みによって、新規の客が来なくなるばかりか、常連客すら失ってしまう可能性もあります。最悪の場合は、経営が傾くだけでなく、廃業を余儀なくされてしまいます。それだけに、ネット書き込みにはきちんと対応すべきでしょう。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

美容師の仕事は幅広い

美容師になるためには専門学校や短大に進学し、国家資格である「美容師免許」を取得する必要があります。しかし、資格を持っているといっても美容師の技量はピンキリです。

美容師の仕事はただ髪を切るだけではありません。パーマをかけたり、髪の色を変えたり、セッティングをしたりと、いわば、髪の毛とスタイリングにかかわるすべてをフォローするのが美容師です。そのぶん、お客さんとの間にトラブルが起きやすくなります。

例えばお客さんが望んだ髪型やスタイリングにならない、といった場合には当然クレームが生じます。髪の毛は一度切ってしまうと、基本的に伸びるまで待つしかありませんので、これはどうしようもありません。

理不尽なクレームも

さらに、人によって髪の固さが違ったり、直毛かくせ毛かといった条件によって、リクエストに応じられない場合もあります。それでも、お客さんは理想と違うとクレームをつけてきます。さらに、施術のあとであっても、まわりの評判が良くないのでやり直して欲しい、パーマや髪型がくずれた、薬品で肌が痛んだと無数のクレームが生じます。

もちろん、美容師とお客さんの相性がバッチリという場合には、毎度指名をもらい、定期的に通ってくれる常連さんになります。しかし、すれ違いが起こってしまった場合、インターネット上に悪評を書き込まれることがあります。施術の問題はもちろん、クレームが生じたあとの対応次第によっては、お店そのものの悪評を書き込まれることがあります。

美容院は評判が命

もちろん、そうした書き込みは言いがかりに近いものであり、お客さんの思い込みが激しいだけというパターンもあるでしょう。常連のお客さんはそうしたことは気にしません。しかし、新規のお客さんの場合、お店を検索して、悪評が出てきたならば、ほかのお店へ行ってしまうでしょう。さらに最近では美容院の口コミの専用サイトも存在します。店舗の評判書き込みひとつで、お客さんの数が大きく変わってしまう状況があるのです。

美容院は、東京や大阪などの大都市部においては多数の店舗が乱立しています。さらに地方都市においても、どんなに小さい街でも、複数の美容院がシェアを奪い合っている状態です。場合によってはライバル店舗が悪評を書き込むといった手の込んだ悪質な手法も考えられます。

当社では、こうした風評被害といえる、悪評、誹謗中傷の書き込みに対する非表示化をはじめとする対応に豊富なノウハウがあります。悪質な書き込みにお悩みの方は、是非とも当社にご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>