悪評が事業に多大な影響を与える歯科医の風評被害対策

歯科医はどこにでもあり、患者との付き合いが密接な分、クレームが生じやすい職種のひとつです。歯科医は、緊急の外来を除き、虫歯検査や歯石除去などの定期的なメンテナンスが収入源です。そこに誹謗中傷書き込みがなされてしまうと新規患者ばかりか、定期的に通っている患者も失いかねません。最悪の場合は廃業を余儀なくされてしまいます。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

歯科医は評判が命

ほとんどの人は行きつけの歯科医があるでしょう。その時。歯科医を選ぶ基準はどんなものでしょうか。家から近かったから、家族が行っているから、といった単純なものもあれば、最近はインターネットで歯科医の評判を調べる人も多くいます。

なぜならば歯科医は、その技量によってクオリティが大きく左右されるからです。手先が不器用な歯科医の虫歯治療は誰しも受けたくありませんよね。もし、「痛い治療をされた」「雑な虫歯治療をされて雑菌が入り歯茎がはれた」といったクレームや不満などが生じた場合、そのままネットに書き込まれることがあります。

歯科医の技量に関わることだけではありません悪評にと。「回数を増やされ高額な請求をされた」「ものすごく待たされた」「待たされたのに治療時間が短い」「歯科助手が下手」といったクレームも生じます。

距離の近さ、治療回数の多さが問題?

歯科医は、普通の医師とくらべて患者との距離が近く、治療に通う回数も多いため、こうした不満が生じやすいと言えるでしょう。患者が不満をつのらせてネットに書き込んだ悪評が思わぬ結果を招くこともあります。

歯科医の患者のほとんどは、近所に住んでいたり会社や学校が近かったりする人でしょう。虫歯治療など緊急の治療を要しない患者は、半年から1年に一度、歯石除去に来るといったものです。患者が歯科医に対して抱いている不満がネット上にあれば、「ああ、やっぱり」となってしまい、あそこの歯科医は評判が悪いとなれば、簡単に変えられてしまいます。歯科医はコンビニエンスストアの数に匹敵するため、ライバルが多いのです。

さらに新規の患者ならば、歯科医の評判をほぼ必ずネットで検索します。根拠のない話であっても、悪評が書かれていれば、ほかの歯科医にしようと思うでしょう。歯科医の数が多すぎるために、選択の基準として、悪評がないかといったところが用意されているのです。

開業医の苦悩

歯科医のほとんどは開業医ですから、いわば個人商店のようなものです。さらにその個人商店は、常連客が長く通い続けてくれることにより持っており、なおかつ新規のお客さんを常に探している状態だといえるでしょう。インターネット上の悪評や、誹謗中傷書き込みはそうした営業活動に支障となることは間違いありません。

当社は、歯科医の誹謗中傷の書き込みに対する非表示化の対策に豊富な経験と知識を有しておりますので一度ご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>