各種ブログの風評被害・誹謗中傷の削除依頼方法

日本におけるブログの中で有名なものとして下記のようなブログがあります。
アメーバブログ(アメブロ)、ウェブリブログ、エキサイトブログ、ココログ、はてなダイアリー、はてなブログ、楽天ブログ、忍者ブログ、FC2ブログ、gooブログ、JUGEM、livedoor Blog、Seesaaブログ、So-net blog、Yahoo!ブログ、yaplog!

無料で書き込むことも読むこともできるため、多くの人が毎日何かしらのブログに接しています。芸能人、著名人のブログも多数あり、人気を集めています。一方、ブログによる風評被害、誹謗中傷も多発していることは見逃せません。不適切な書き込みの削除依頼方法を紹介します。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

問題のある記事がなぜ黙認・放置されるのか

何を食べ、どこへ出かけたのか等カジュアルな内容のブログが多いため、ブログというものに明るいイメージを持っている人も少なくないでしょう。しかし、中にはネガティブなものもあります。

個人情報を晒したり、店舗名や企業名を出して批判している誹謗中諸記事のブログもあるのです。しかし、内容に問題があるからといって運営が即削除することはまずありません。なぜなのでしょうか。

多くのブログサービスでは、アダルト、公共良俗に反するジャンル以外であれば、どんなブログでも解説することが可能です。個人攻撃や法人への不満・批判であっても「表現の自由」として、黙認されるケースがほとんどなのです。ブログが風評被害や誹謗中傷の温床になってしまうのは、このような理由があるのです。

検索結果にも表示されるブログ記事

ブログがブログサービス内だけで閲覧されているクローズドなものならば、攻撃力はあまりないかもしれません。しかし、ブログの内容は検索エンジンの検索結果に引っかかることが多々あります。時には検索上位に登場することさえあるのです。

特に人気のブログサービスで書き込まれた記事には注意して下さい。ブログサービス全体のアクセス数が多いため、検索エンジンにも表示されやすくなっているのです。そういったところに誹謗中傷を書かれた場合の風評被害はけっして無視できないものになるでしょう。

誹謗中傷記事削除の難しさ

もし、誹謗中傷記事を見つけたらどうすれば良いのでしょうか。多くの人が運営会社に削除依頼を出そうとするでしょう。確かにそれも間違いではありません。

しかし、一度でも削除依頼を出したことがある人ならばわかると思いますが、削除にはだいたい時間がかかるものです。それどころか、削除に応じてもらえないこともあります。

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか。アクセス数の多いブログは運営会社に利益をもたらすものです。アクセス数が多ければそれに応じた広告費を見込めることができるからです。

したがって、一度投稿された記事は犯罪性でもない限り、基本的には積極的に削除に応じてもらえないと考えた方が賢明です。これは、すべてのブログ運営会社だけではなく、掲示板運営会社にも共通しています。

風評被害対策のプロにお任せ下さい

ブログに書き込まれた誹謗中傷は、炎上する前にできるだけ早く対策することがポイントです。個人ではなかなか埒が明きませんが、プロにまかせれば最短1日で検索結果から非表示となることもあります。メールや電話での無料相談もあるので、ぜひ弊社にお問い合わせてくださいませ。

2ちゃんねるの風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>