逮捕記事(犯罪歴・前科)のインターネット上から削除するには?

事件を起こして逮捕されると、新聞、テレビ、ネットニュースなどに掲載されますが、時間経過とともにどれも消えていきます。問題はネットの掲示板やSNSに書き込まれたものです。事件から何年経っても拡散され続けることもありますが、どのように削除依頼すれば良いのでしょうか。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

ネットに残る逮捕歴をどうするか

たとえ逮捕歴があったとしても、社会的な制裁を受けて、更生の道を進んでいる人もいます。しかし、いつまでもネット上にプライバシー侵害、名誉毀損、人権侵害とも言える悪評が残り、日々の社会生活で大変な状況に追い込まれている人も少なくありません。

犯罪歴、逮捕歴、前科などがネットの掲示板やSNSに書き込まれている場合には、できるだけ早く削除するようにしなければいけません。そのまま放置していると、せっかくの更生への道も閉ざされてしまうリスクもあるのです。

逮捕歴はどのように拡散されるのか

何か事件を起こすと、まずニュースや新聞で実名報道されます。ネットのない時代は世間で噂になる程度ですみました。しかし、最近ではニュースに反応して2ちゃんねるの掲示板にスレッドがあっという間に立てられます。さらに2ちゃんねるまとめサイト、他の掲示板などへも拡散していきます。その勢いは恐ろしいほどです。

もう一つの拡散経路はTwitterなどのSNSです。事件に関するハッシュタグ付きのツイートがリツイートされ、何万人へと拡散されていき、NAVERまとめやブログなどに伝播していきます。

検索エンジンにも要注意

2ちゃんねるやTwitterの書き込みは、困ったことに大手検索エンジンに結構ヒットします。最近では誰かのことを知りたいとなったら、まずその人の名前で検索するという人も少なくありません。

企業の人事部でも、求人応募者の名前をまず検索するのがなかば当たり前となりつつあります。不動産会社も契約者の身元調査のために、契約前に個人名で検索を行い犯罪歴などがないかどうか調べているそうです。さらには、小学生の間で親の名前を検索するというブームもあり、子どもへのいじめにもつながりかねません。

逮捕歴がバレてしまったらどうなるか

もう過去のことと思っていても、ネット上には逮捕歴はいつまでも残り続けるものです。もし、逮捕歴が発覚してしまった場合、さまざまな不都合が生じるでしょう。

たとえば、就職や転職に不利になることは間違いありません。最悪のケースでは、現在の勤務先を解雇されることもあるでしょう。もし、個人事業主ならば、仕事の依頼が途絶えるリスクもあります。住居を借りることも購入することもできないかもしれません。結婚にも支障があるでしょうし、家族に迷惑がかかることは目に見えています。

ネットで拡散されやすい犯罪歴

たとえ軽犯罪であっても、ネットで叩かれやすい事件というものがあります。該当する場合には、さらに注意が必要と言えるでしょう。ささいな犯罪だったとしても、会社役員、公務員、大学教授、医師などの職業の人が犯人となると、報道での扱いも大きめになります。さらに、以下のような犯罪はネットで非常に拡散されやすくなっています。

わいせつ罪

ネットのヘビーユーザーは性犯罪への興味も強く持っています。そのため、瞬く間に犯罪情報に関係したスレッドが乱立することになります。複数サイトに犯人の実名情報が流されることもめずらしくありません。

交通事故

交通事故加害者に対するネット上のバッシングはとどまるところを知りません。特に持病を抱えながらの運転、ひき逃げ事故での救護義務違反には厳しい意見がならびます。

最近では高齢者による交通事故が多発し、社会問題化しています。複数サイトで批判が展開されていて、実名も飛び交っています。高齢者自身はすでに会社等をリタイアした身かもしれませんが、まだ社会の第一線で働く子ども、これから社会に出ていこうとしている孫に悪影響がないとは言えません。

薬物犯罪

一口に違法薬物と言っても様々なものがあります。ヘロイン、コカイン、大麻などの使用が発覚した芸能人は、瞬く間にネットに無数の噂が書き込まれます。一般人も芸能人同様に叩いてもいいという感覚があるのか、薬物犯罪に対するネットユーザーの食いつきは尋常ではありません。あっという間に実名が夥しいサイトに拡散されていきます。

DVや虐待

DVいわゆるドメスティック・バイオレンスや幼児虐待はあってはならないことですが、多くの人の関心をそそる事件でもあります。何が原因で、どういった状況で、どんな人が事件を起こしたのか、たくさんの関心が集まります。そのため、ネットユーザーが複数の掲示板で書き込みを行い、実名とともに事実ではない脚色をされた情報が盛んにやりとりされることになるのです。

詐欺

振り込め詐欺、不正取引、マルチ商法、公金不正受給など、詐欺事件には様々なものがあります。どれも、ニュースでの扱いも大きくなりがちですし、ネットユーザーも高い関心を示します。元々、日本人はお金に対して敏感な一面があり、人をだましてお金を儲けるような行為は非常に嫌悪されがちです。詐欺事件に対してはネットユーザーも特に厳しく、実名はもちろん個人情報をことこまかに掲示板に公開されてしまうことも少なくありません。

脱税

不正行為によって納税を免れる行為を脱税と言います。特に多いのは企業が組織的に売上額をごまかして申告し、経営者が逮捕される法人税法違反です。テレビでも頻繁に報じられています。個人の場合は、たとえ意図していなくてもうっかり深刻漏れを起こせば所得税法違反となり、逮捕されてしまうので注意しなければいけません。最近ではFX取引、アフィリエイト、ネット通販などサラリーマンが副業でやっていたものがたまたま大成功して大きな利益を海、申告漏れをして検挙されてしまうケースも増えています。

脱税は金額によって罪の重さが左右されます。数千万円単位の脱税は大きなニュースにもなりますし、実名、年齢、会社名などすべて新聞やテレビなどで報じられてしまいます。

巨額の富を得た人に対して、ネットユーザーの攻撃はとどまるところを知りません。嫉妬心も手伝って、匿名掲示板やSNSなどで恐ろしいスピードで拡散されていきます。

ネットの拡散力の恐ろしさ

一度ネットに拡散された逮捕歴は完全に削除できない場合も多々あります。ブログサービスや匿名掲示板のように管理者がはっきりしているものならば、そこに削除依頼を出すという方法もあるでしょう。しかし、ニュース記事をRSSで拾い、機械的にまとめているだけのサイトもあり、管理者に連絡がとれない状態になっていることも多々あります。

残念ですが、一度そういうったまとめサイトにまとめられてしまったら、削除は難しいと思って下さい。まとめサイトから消すことはできませんが、検索エンジンに表示されないように申し立てることは可能です。そうなる前に早めの対処をおすすめします。

なぜネット上の逮捕歴が削除されないのか

早めに逮捕歴を削除しようと運営会社に連絡をしても、すぐに話が通ることは稀です。一筋縄ではいかないと心得ましょう。

犯罪歴や前科があったとしても、更生して第二の人生を歩むことも大事です。しかし、このように削除が簡単ではないために、ネットに残されたままの犯罪履歴によって思うように更生の道を歩むことができない人が続出しています。

削除がスムーズにいかない理由の一つとして、日本では「ネット上の表現の自由」が非常に大事にされているという点があげられます。それにひきかえ、犯罪歴がある人に対しては個人のプライバシーも名誉も何もないかのようにされているという現状は、よく考えれば人権問題にも抵触しかねません。しかし、それを正そうという人もほとんどいませんし、残念ながらこの傾向はしばらく続くでしょう。

サイト運営者にとっては、逮捕歴のある人の更生などはどうでもいいのです。とにかく、たくさんのアクセスを稼ぐことが大事で、そのためには多少問題がありそうな書き込みでも、できるだけ残して置きたいというのが本音なのです。

逮捕歴は即刻削除がおすすめ

以上のように、何かの事件を起こして新聞やニュースサイトなどに実名が掲載されれば、それらの情報は結構長い間ネットの中に存在し続けます。新聞やニュースサイトはいずれ情報が消去されるとしても、匿名掲示板やSNSに書かれた情報はよほどのことがない限りずっとそのままです。ふと気になって事件の詳細を調べる人がいれば、事件から10年以上経っていたとしてもすぐに実名までたどり着けるようになっています。本人だけではなく家族に及ぶ影響を考えれば、できるだけ早い削除がおすすめです。

しかし、どんなサイトでも「表現の自由」を盾になかなか削除に応じようとしないというのが実際のところです。運営会社に何度も削除依頼のメールを送付したのに対応してもらえなかったという人もめずらしくありません。

裁判所に相談しても解決できるとは限らない

運営会社が削除に応じなければ裁判を起こして解決しようと考える人もいるかもしれません。確かに、何年も前の事件で社会への影響も弱まっていると判断された場合には削除請求も通りやすくなります。各事件により必要な時間はまちまちですが、事件経過後3年程度というのが一般的で、事件の性質によっては5年、10年と必要な場合もあるので要注意です。

しかし、もし、公的な立場の人が起こした事件としたら、社会の関心や影響も大きいと判断されます。そのため、記事削除も認められにくくなってしまいます。

また、ネット上の書き込みによって、どのような具体的な被害を受けているかという点も問題にされます。「これから何かが起きるといけない」というような、先々への不安では不十分とされてしまうのです。前科情報の記事がネットに残っていても、実施に不都合が起きていないならば緊急に削除する必要はないという判決を出す裁判官も少なくありません。

このように、裁判所に相談しても、何年か待つように指導されてしまうだけなので、すぐに逮捕歴を削除したい人には必ずしも最良の策ではないのです。泣き寝入りしかないのでしょうか。

逮捕記事などの非表示対策はプロにおまかせ

ブログ、匿名掲示板などに書き込まれた逮捕歴は、個人で削除依頼を出してもなかなか通らないものです。放置しているうちに、どんどん書き込みが増えて手に負えなくなってしまうこともあります。いわゆる「炎上」が起きてからでは遅いのです。できるだけ火が小さいうちに鎮火することが、被害を最小限にするためには欠かせません。

素早い結果を希望するならば、ぜひ弊社にご相談下さいませ。弊社にご依頼いただければ、早ければ1日、平均して数週間程度で検索結果からの非表示化が完了します。
※サイト内容や書き込み状況によって期間は変動致します。

弊社では無料相談を行っておりますのでお一人で悩まずにまずは電話やメールで相談してみてはいかがでしょうか。

2ちゃんねるの風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>