2ちゃんねる(2ch)への誹謗中傷や風評被害の削除要請

インターネット掲示板の2ちゃんねる(2ch)は、不特定多数の匿名ユーザーが書き込みできる場です。自由に意見交換できる場ですが、いわれもない誹謗中傷や風評被害の数々に苦しむ方もいるかもしれません。2ちゃんねるの管理人に削除依頼を頼んでも放置状態です。被害が拡大しないよう、誹謗中傷や風評被害対策は早急に行いましょう。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

2ちゃんねるが書き込みを消さない理由

さまざまな企業や個人から訴訟されている2ちゃんねるですが、基本的に削除要請に応じることはありません。一般的に、2ちゃんねる(2ch)は3つの理由が背景にあるから、誹謗中傷や風評被害になる書き込みでも削除しないと言われています。その理由は以下の通りです。

表現の自由

ユーザーが書き込んだ投稿はコンテンツとするのが2ちゃんねる(2ch)の考え方です。運営当初から一貫して「表現の自由」という名目を掲げ、書き込まれたコンテンツを大切にすることを裁判で訴え続けてきました。

もし、誹謗中傷や風評被害との判断が難しい書き込みを判断したら、今後2ちゃんねる(2ch)はこれらの書き込みを削除できません。ユーザーの表現の自由を奪ってしまうため、書き込みを削除しない方針を維持しているのです。

削除人の対応が追い付かない

2ちゃんねるには削除機能がないわけではありません。2ちゃんねるの書き込みを見ていると、「あぼーん」と呼ばれる書き込みに出会うことがありますが、これは削除人が書き込みの削除に対応した形跡です。削除人は誹謗中傷の書き込みを削除する要請に応じ、書き込みをチェック、削除しています。

しかし、毎日2ちゃんねる(2ch)に書き込まれる投稿の数は膨大です。削除人はあくまでボランティアなので、ひとつひとつの要請に応じて削除対応する余裕はありません。削除要請へ応じることでサイト運営の負担が大きくなってしまうため、今後も削除を希望する声には答えないと考えられます。

広告ビジネスの観点

現実的な側面ですが、2ちゃんねる(2ch)は広告収入で成り立っている以上、多くのユーザーに閲覧されなければなりません。そこで、多くのユーザーの検索流入を促すためにはコンテンツが必要です。10文字か20文字程度の投稿も2ちゃんねるにとっては財産だと言えます。

仮に誹謗中傷や風評被害という名目で投稿を削除してしまうと、2ちゃんねる(2ch)の財産がなくなってしまいます。言い換えると2ちゃんねるの広告ビジネスが成り立たなくなるので、SEO対策的な観点から見て投稿を削除できないのです。

2ちゃんねる対策のコツは経験とノウハウ

2ちゃんねるの削除要請に対する姿勢は、権利侵害に抵触する書き込みは受け入れるという内容であるとしています。しかし、現実には事件性や犯罪性が見られない書き込みには対応していません。一般人がレスおよびスレッド削除を依頼しても対応してもらえるケースのほうが稀です。2ちゃんねる側で削除要請をするポイントを見てみましょう。

感情に訴え掛けない

2ちゃんねるの削除人はボランティアスタッフです。彼らは削除要請が来た時に即時に対応すべきかそうでないかを自らの権限で判断できません。必ず削除要請に対するガイドラインに従い、作業を進めています。したがって、怒りや脅し、泣き落としのようなメールを書いても効果はないのです。2ちゃんねるの削除人に対し、論理的に説得するのがよいでしょう。

法的根拠に基づいて訴えよう

2ちゃんねるの削除要請をするときのポイントは、法的根拠に基づいて訴えることが大切です。たとえば、「プライバシーの侵害」「著作権侵害」「名誉毀損」「営業妨害」など、被害を受けている旨を伝え、スレッド内の書き込みが必要であることを伝えます。

専門的な指摘が大切

弁護士や誹謗中傷対策会社など、2ちゃんねるへの削除要請を手掛ける会社も少なくありません。しかし、現実的には対応してもらえなかったというケースも発生します。その理由は、適正な方法で削除要請をしないと2ちゃんねるの削除人が「削除が必要である」と判断してくれないからです。

2ちゃんねる対策の注意点

2ちゃんねる対策は現代企業の命題です。しかし、そこに付け込んで詐欺を働こうとする悪質な業者も存在します。たとえば、100%レスやスレッドを削除できるという広告を打つ業者は高い確率で詐欺です。現実には2ちゃんねるの書き込みを100%削除することはできません。

個人の逮捕歴の削除要請

過去に逮捕歴がある人が2ちゃんねるで晒されているケースがありました。過去に実名が報道され、インターネットニュースに取り上げられていた人ですが、悪評が拡散して2ちゃんねるに掲載されてしまったのです。現在は更正して社会復帰していますが、犯罪歴がインターネットでさらされているため、まともな生活ができないという状況でした。そこで、2ちゃんねるの書き込みの削除要請を依頼したという流れです。

個人の逮捕歴はプライバシー侵害や名誉毀損に該当します。悪質な書き込みを材料に2ちゃんねるの削除人に削除要請すると、数日のうちに削除人が削除対応してくれたという例もあるようです。犯罪歴や逮捕歴がインターネット上に残っていると、健全な生活ができません。社会復帰に支障をきたしているようなら、誹謗中傷や風評被害の書き込みの削除依頼を要請すべきです。

ブラック企業という風評被害の削除要請

日本国内で取り沙汰されがちなブラック企業問題は、誹謗中傷や風評被害にまで発展しています。たとえば、残業代が支払われなかったりサービス出勤があったりという労働問題に触れ、元従業員と思われる人が悪評を書き込むケースも少なくありません。さらに、検索サジェストにまで企業名とブラック企業が表示されるようになってしまったのです。

企業活動をするにあたって、ブラック企業という評判はさまざまなダメージを受けます。たとえば、転職希望者が会社への就職を選ばなかったり、お客様が利用するのをためらったりすることも多いです。このような問題を解消すべく、削除要請を出すことをおすすめします。

2ちゃんねるとは

あらためて2ちゃんねる(2ch)の概要をご紹介します。1999年に設立された国内最大級のこの掲示板サイトは、毎日250万以上の書き込みが行われている状況です。過去には西村博之氏が運営していましたが、現在はジム・ワトキンスというアメリカ人が運営者になりました。100以上のカテゴリーは、ハッキングから夜のオカズまで幅広いジャンルを網羅しています。

2ちゃんねるは誹謗中傷や風評被害の温床

2ちゃんねるは匿名掲示板で、批判性が高くて反権力志向の強いサイトです。個人の実名がさらされた投稿も多く、誹謗中傷や風評被害の温床になっています。一度誹謗中傷が書き込まれてしまうとそのままになってしまい、個人の生活が脅かされたり企業活動に悪影響があったり、サイトが炎上してしまうことも少なくありません。

誹謗中傷や風評被害の放置は危険

誹謗中傷や風評被害を放置する企業もいますが、2ちゃんねるへの書き込みをそのままにするのは大変危険です。Yahoo!やGoogleの検索結果に2ちゃんねるが反映されてしまうため、高い確率で悪評が立っている記事が上位表示されてしまいます。特に、検索1ページ目にランクインされてしまったり検索サジェストに予測変換が出てしまったりと、個人の生活や企業の営業活動に悪影響があるのです。

誹謗中傷や風評被害は早急な対策が大切

2ちゃんねるの誹謗中傷や風評被害は早急な対策が大切です。2ちゃんねるは検索結果の上位に表示されることも多いため、早急な削除がカギを握ります。インターネットを利用する消費者は少なくありません。もし、あなたのお名前や企業名が悪評とともに掲載されていると、さまざまなトラブルが起きてしまいます。誹謗中傷や風評被害のウワサが拡大してしまう前に弊社へご相談頂きスピーディな方法で解決しましょう。

2ちゃんねるの風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>