2ちゃんねるへの削除依頼方法とポイントを公開!

今回は2ちゃんねる(2ch)掲示板への正しい削除依頼方法について解説していきたいと思います。
匿名ユーザーが数多く集まるインターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」は、多種多様なテーマについて自由な意見交換をできる場として長年に渡り人気を博しています。しかし、設立当初から一貫して「表現の自由」を尊重してきた2ちゃんねるには、残念ながら誹謗中傷や名誉毀損にあたる書き込みも後を絶ちません。

個人や会社などを攻撃する目的で個人情報や悪評などが2ちゃんねるで晒されてしまった際には、即座に削除をしてもらわなければ取り返しのつかないことになりかねないでしょう。ただし、2ちゃんねるには独自のルールがあるので正しいやり方を理解しておかなければなりません。

無料相談はこちら
専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>
メール無料お問い合わせ

2ちゃんねるで削除を担当する「削除人」とは

2ちゃんねるの掲示板にたてられたスレッドや書き込みを削除する権限のある「削除人」、もしくは「削除屋」と呼ばれる人たちが存在するのをご存知でしょうか。削除人は2ちゃんねるの開設者で元管理人である西村博之氏に選定されたボランティアです。つまり、2ちゃんねるの運営者ではなく、ほかに仕事を持つような人たちが削除人として無償で対応しているのです。

数えきれないほど大量の書き込みのある2ちゃんねるには、たくさんの削除依頼が届きます。しかし、その依頼のすべてが削除の対象となるわけではありません。さらに、「表現の自由」を重要視している2ちゃんねるは、書き込まれた内容はできる限り削除しないというポリシーを大切にしています。ただし、荒らし目的とされる重複投稿や深刻な問題につながる個人情報の記載などは、削除対象とみなすよう定められています。

実際に削除するかどうかは削除人の判断に委ねられているというわけです。

2ちゃんねるに存在する「削除ガイドライン」とは

削除する権限のある削除人でも、好き勝手に書き込みを消せるわけではありません。2ちゃんねるでは独自に削除ガイドラインを定めています。「表現の自由は守られるべきだが他人の権利を著しく侵害するものに関しては認めない」という内容のガイドラインに従って、削除に値するか判断する決まりになっているのです。まずは、この削除ガイドラインを理解しておかなければ始まりません。その一部をご紹介しておきましょう。

スレッドの内容について

たとえ掲示板の趣旨に該当するスレッドであったとしても、過度に性的なものや下品な内容のものは削除対象となります。性的な妄想や画像へのリンクも対象となっています。
また、差別や蔑視を目的として特定の地域や苗字などを取り上げて書くことも禁止されています。それが正しい情報かどうかは関係なく削除対象となるのです。

個人について

一般的に名の知られていない個人の名前や住所、所属(会社や職場名、学校名)などを晒すのはプライバシー侵害にあたるので削除対象となります。ただし、プロとして活動をしている有名人、有罪判決をくだされた犯罪者、なにかしらの責任を問われている人、創作物に対して報酬を得ている人、なんらかの被害を与えた本人などは削除対象とみなされないケースがほとんどです。

また、個人の電話番号は削除するよう決められています。番号の一部が伏せられていたとしても電話番号とわかる状態であれば削除してもらえるでしょう。メールアドレスも、晒し目的で記載されていれば削除対象となり得ます。

特定の個人を完全には特定できなくても、私生活に関する情報や個人情報、名誉毀損にあたる誹謗中傷などが書かれたことによって対象となる人が社会的信頼をなくして不利益をこうむると判断されると削除の対象と考えられる可能性があるでしょう。

法人について

2ちゃんねるには法人や団体、公的機関などに対する批判や誹謗中傷なども数多く書かれています。しかし、これらに関しては放置されているのが実情です。
なかには正しい情報であるかもわからない、ソースのはっきりしない書き込みも見受けられますが、法人に関しては、削除人は積極的に対応しない傾向があります。

拡散力の強い2ちゃんねるに悪評を書かれると法人として致命的なのですが、正しい削除申請のやり方を知らないために結果的に放置しているところが多いのも問題でしょう。申請したつもりでいても、2ちゃんねるで決められた手法をとっていないため、削除人の目にとまっていないケースも多々あります。

掲示板のカテゴリーや趣旨に反して企業などを攻撃する書き込みであれば、削除人も対応してくれるかもしれません。あきらめずに適切な方法で削除依頼をすべきです。

2ちゃんねるに削除を依頼する方法

原則として、2ちゃんねるに電話やメールで削除してもらうようお願いしても対応されることはありありません。内容証明を送ったとしても、2ちゃんねるが公開している正規のやり方ではないので、削除に応じてもらえないでしょう。2ちゃんねるに削除を要請したい場合には、専用のフォームを使います。決められた形式を守れば削除整理板に直接書き入れても大丈夫です。

削除を依頼するときの注意点

2ちゃんねるに削除をお願いする際には、決められたルールにのっとることが重要です。事前の確認を怠ってしまうと、取り返しのつかないことにもなりかねないので注意してください。

削除対象に含まれているか

これから依頼しようとしている内容が、本当に削除対象となるのか改めて確認しておきましょう。削除を要請すると、その情報も公開されてしまいます。内容によっては新たな炎上を生み出す可能性もあるので、削除ガイドラインはしっかりと読むことが大切です。

2ちゃんねるのルールは守る

自由な発言をできる場を確保するために、2ちゃんねるではルールを守ることが重要視されています。スレッドごとにローカルルールが設定されているほどです。削除板にも、通常の削除を取り扱う「削除依頼板」と、より重要な削除依頼を扱う「削除要請板」の2種類が用意されています。それぞれの板に存在している独自のルールを把握しておきましょう。

また、言葉づかいなどにも十分な注意が必要です。失礼な言い方などをすれば、削除人に相手にされなくても仕方ありません。削除人はあくまでも無償のボランティアで関わっていることを忘れないでください。

説明はわかりやすく

どういった理由で削除をお願いしているのか、わかりやすく伝えなければなりません。どこがどのようにガイドラインに抵触するのか明確でなければ、削除人も対応のしようがないでしょう。
削除人に同情を求める必要はありません。ただ、簡潔かつ論理的に説明できる文章力は必要です。

依頼人の情報が必要なことがある

削除要請フォームに本名を記載する必要はありませんが、内容によっては実名を伝えたうえで本人確認を求められる場合があります。
法人として依頼する際には、会社名のほか部署名や役職なども教えなければなりません。
また、メールアドレスにはフリーアドレスを入力することもできますが、メールでのやり取りが必要となるケースを想定して実際に連絡のとれるメールアドレスを用意しましょう。

削除依頼したのに却下された場合

削除してもらえなかったのは、なにか理由があるはずです。削除ガイドラインに見落としがなかったか、依頼するときのルールを守ったか、記載事項にもれはなかったかなど細かく見直してみましょう。不備があれば、再度やり直しても構いません。

依頼して数週間たってもなんの連絡もなく処理もされていない場合、重要な削除依頼であれば専用のメールに連絡してみてもよいでしょう。ただし、フリーメールや身元が不明の人への問い合わせには対応してもらえません。また、削除人はあくまでもボランティアですから、ある程度の連絡の遅れは仕方ないと考えてください。

安易な削除依頼は危険をともなう

2ちゃんねるへの削除依頼は、ネット上で公開されるということを念頭に入れておきましょう。削除理由などもグーグルやヤフーなどの検索結果に表示される可能性があります。削除申請のやり方を間違ったあまりに、不要に炎上させてしまうおそれがあることを忘れてはなりません。

弁護士に頼んだとしても、このようなリスクを覚悟しなければならないでしょう。2ちゃんねるをはじめとした風評被害や誹謗中傷の対策を専門に取り扱っている当社にご相談いただければ、そのようなリスクを回避する配慮を行えますので一度ご相談ください。

ネット上の風評被害対策ならお任せ下さい!

専門の相談員が責任を持って対応させて頂きます。ご相談は全て無料となりますのでお気軽にご相談下さいませ。

<風評被害対策無料相談ダイヤル>
03-5428-4602

<メールなら24時間受付中>